オンラインカジノの儲けは一時所得!確定申告の必要性は?

「オンラインカジノで稼いだお金は、税金対象になる?」
オンラインカジノをプレイする人なら、誰もが気になるテーマではないでしょうか?

これまで仮想通貨や、FX(Foreign Exchange)といった投資方法でも議論されてきた税金。
この税金をないがしろにしてしまったために、とても苦い思いをされた方が多く存在します。

オンラインカジノも結論から言ってしまえば、「稼げば税金がかかる」ものです。
それを知らずに大金を稼いでしまったら、大変なことになりますので、
今回は、オンラインカジノと税金の関係についてお話ししましょう!

オンラインカジノには税金がかかる!

オンラインカジノはある日突然、億万長者になることも夢じゃないギャンブルです。
実際日本でも、1億2700万円もの大金をゲットしたという事例があります!

そうなると、私たちにもいつ、そのチャンスが巡ってくるかわからないですよね。
冒頭でお伝えしたとおり、オンラインカジノで儲けると税金がかかります。
オンラインカジノで大儲けした時のために、税金はどのようにかかるのか見ていきましょう。

オンラインカジノの儲けは一時所得に該当する

オンラインカジノの利益は一時所得に分類される。利益が出たら税金を払いましょう

わたしたちが生活する中で得る所得は、「給与所得」「不動産所得」など、
計10種類の所得に分けることができます。
その中で、オンラインカジノで得た儲けは「一時所得」というものに分類されます。

「一時所得」とは、営利目的ではなく、労働や資産譲渡によって得たものではない
一時的な収益のことをいいます。

たとえば、
・懸賞や福引による賞金
・生命保険の一時金
・法人から贈与された金品
・遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等 など

他にも、所得には「雑所得」というものもあり、この雑所得は他の種類のどれにも該当しない所得をさします。
年金やネットオークションの売上金などがこれに該当し、しばしばオンラインカジノで出た利益も、
雑所得にあたるのではないかと誤解されやすい存在。

しかし、オンラインカジノで得た収益は「一時的な収益」ですので、一時所得になることを忘れないでくださいね。

一時所得でかかる税金

たとえば、一時所得の一つである生命保険。
これを受け取ったときにはじめて、税金の支払い義務が発生すると知って、驚いた方もいるのでは?
残念なことに、一時所得で得たお金には税金がかかります。

ではいくら税金がかかるのか、その計算方法を見ていきましょう。

オンラインカジノの儲けにかかる一時所得の計算方法

【一時所得】=【総収入額】-【収入のために支出した金額】-【特別控除額(50万円)】
これが、一時所得の計算方法です。

一時所得の場合は、最大50万円の特別控除を受けることができます。
儲けが50万円以下の場合は、特別控除額として控除されるため、納税は必要ありません。

また、【支出金額】には、損失額は含まれませんので注意してください。
儲けた時の支出のみが【支出金額】とされます。

税金は、勝つごとに課税されるものだと覚えておくといいでしょう。
一時所得を算出する上でとても重要なポイントです。

誤って損失額まで【支出金額】に計上してしまわないよう、
日ごろから記録を取っておくことをおすすめします。

オンラインカジノで勝ったら確定申告

オンラインカジノで利益が出たら、確定申告しよう

オンラインカジノで儲けが出たら、税金がかかる。
では、次に気になるのは「確定申告」が必要か?ということでしょう。

オンラインカジノで儲けた場合、勝金を出金するために銀行などとおこなったやり取りは、
すべて、しっかりと履歴が残ります。

また、払戻し額が大きい場合は、金融機関が支払調書を税務署へ提出する報告義務が発生します。

そのため、オンラインカジノで儲けたら、必ず「確定申告」をおこないましょう。
税務署から連絡が来れば言い逃れはできませんのでご注意ください。

確定申告に必要となる書類は?

確定申告に必要な書類は、以下の4つです。
(1)確定申告書:税務署でもらうか、国税局のホームページから印刷する
(2)支払調書:オンラインカジノ側から受け取る(年末年始)
(3)源泉徴収票:会社勤めの方は会社から受け取る(年末年始)
(4)経費の証明書(領収書やレシート) :所得が300万円以下の場合は不要

集めた書類をもとに必要事項を記入後、税務署に提出します。(郵送可)
納付書受取後は源泉所得税を明記し、3月15日までに支払いを済ませます。
提出で満足して、支払いを忘れたりしないでくださいね。

以上でオンラインカジノにかかる税金の支払いは完了です♪
ルールをしっかり守ってオンラインカジノを楽しみましょう!